消防設備管理

ビル・マンションオーナー様、不動産管理担当様へ

火事なんて今まで一度もないけど
消防点検しないといけないの?

オーナー様から必ず聞かれる事があります

「消防点検ってやらないとダメ??
 別に点検しなくてもいいでしょ??」

「年2回も無駄な費用をかけたくないわ…。」

理解出来ない点検にお金をかけたくない、と考えるオーナー様が多くいらっしゃいます。

火事なんてご近所で見たことないですよね?

無理もありません。火事が起きた、ボヤ騒ぎがあった、と、ご近所で見たことありませんよね?
しかし、消防点検も何もしていない場合、オーナー様がどうなるかご存じですか?

本当は言いたくありませんが、火事が起った時の
最終責任は全てオーナーです

もし火事が起った時、消防署から責任を追求されるのはオーナー様になります。
最悪のケースでは刑事罰の責任を追及される事もあります。

しかし、ご安心下さい。
法定で決められた消防点検を行えば火事の被害は最小限に抑える事が出来ます。

物件所有者は必ず年2回消防点検をしないといけません

オーナー様は法定で決めた消防点検を年2回必ず行う義務があります。そして、消防点検には小さいアパートやビルなど建物の規模は関係ありません。

オーナー様を守るための消防点検を行っています

年2回の消防点検(機器点検・総合点検)をご依頼される場合、管理会社として豊富な経験を持つ(株)本牧ビルサービスにお任せ下さい。入居様・テナント様に営業時間などを配慮して点検を行います。そして、オーナー様にも負担にならないように点検しています。

24時間設備監視サービスを行っています
何かあったときはサービスマンがスグに駆けつけます

消防設備の自動火災報知機の受信盤がある建物については、スグに駆けつける24時間監視サービスも行っております。
何か異常があったときすぐに駆けつけるサービスです。

防火管理者の代行業務も行っております

3000m2を越える大きな建物では、設備管理人が常駐する建物もあります。その場合、防火管理者を代行するサービスも行っております。オーナーから権限委譲されて消防設備の管理監督を行います。

面倒な消防署提出業務も無償サービスで行います

消防点検をした時、点検報告書を管轄の消防署へ年1回提出しないといけません。(建物用途によっては3年に1回の場合もある)その面倒な書類提出も(株)本牧ビルサービスが代行しています。
この報告書提出業務は、通常行う消防点検に含まれたサービスとなっております。

点検後の改修工事もご提案いたします

法定点検後、年数が経過すると法定年数が過ぎており、改修工事をしないといけない場合がございます。その場合、弊社担当者よりオーナー様のもとにお伺いして、わかりやすくご説明させて頂いております。改修工事をするには多大な費用が掛かります。なので、私たちは、優先順位を付けてこの部分から改修工事をしましょう!とオーナー様になるべくご負担にならないように提案いたします。(株)本牧ビルサービスでは、点検から報告書提出、改修工事まで一貫してオーナー様に代わってサポートさせて頂いております。

消防点検の事なら(株)本牧ビルサービスへ
お気軽に問い合わせ下さい

管理会社として、ビル・マンション・病院・オフィスビルなど様々な現場を経験している本牧ビルサービスにまずはお気軽にお問い合わせ下さい。

建物の特徴に合わせてご迷惑にならないよう配慮した形で点検を行っております。
そして、オーナー様を法的なリスクから守る為の様々なアドバイスも行っています。

お気軽に問い合わせください

お電話・メールどちらでも
お気軽にお問い合わせ下さい。
担当者が丁寧に対応いたします。

045-333-0002
お問い合わせ send